水素分子の含有量と抗酸化作用との関係性

少し前から水素水が美容や健康に良いと話題になりましたよね。多くの芸能人も愛飲していますし、テレビでもよく取り上げられていましたね。

水素水を飲んだことがない方も、一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。

水素水とは、水素分子が多く含まれているお水のことです。

よく、「体内が酸化する」「抗酸化作用」などという言葉を耳にしませんか?アンチエイジングや、健康に気を使っている方は、身体の酸化を防ぐことに注目しています。酸化とは、つまり身体がサビることです。血液がサビると動脈硬化などの原因となりますし、皮膚がサビると、お肌の老化につながってしまいます。
水素分子には、その酸化を防ぐ力があるといわれています。

水素分子の含有量によって効果に差がある

水素分子イメージ

ただ、同じ水素水といっても、製品によって、水素分子の含有量に違いがあります。なるべく水素濃度の濃いものを選びましょう。水素水の効果は、上記にも記載したように、身体の酸化、つまり「活性酸素」を除去してくれることです。

この力によって、ダイエット効果もあるといわれています。活性酸素によって、体内はドロドロになり、肥満やメタボリックシンドロームなどの原因になります。水素水の効果によって、サラサラになった体内は、新陳代謝が活発になります。つまり脂肪を燃焼しやすくなるのです。あくまでお水ですので、お薬のように決まった量、時間などはありません。普段の水分補給に水素水を飲むだけで効果があると言われています。

水素水は体内に蓄積された老廃物を排出してくれます。これによって、うまく水分が循環し、代謝が上がり、ダイエットにも健康にも効果があるのです。もちろん、循環がよくなるということは、お肌のハリやツヤ、肌荒れの改善につながりますので、美容にも効果があります。

ですが、大量に飲んだからといって、効果が変わるというわけではありません。水素は、取り溜めできるものではないので、必要ないぶんは排出されてしまいます。それはもったいないですよね。

決して安いものではないので、無駄なく上手に取り入れてみてください。普段のお茶やコーヒーを水素水に代えてみる、くらいの量で充分効果があらわれるそうです。

水素水はここで紹介した以外にもたくさんの効果があるとされています。美容と、毎日の健康をサポートしてくれる、よきパートナーになれる存在ではないでしょうか。

Continue Reading